保育士の資格を取得できる養成学校
2016年6月28日 admin

確実性の高い養成学校の卒業

最近の日本では、保育所の増設が盛んになっていることから、保育士の数の確保が社会的な課題です。そうした保育士になるには、大きく分けて2つの選択肢があります。そのうち資格取得で確実性が高いのは、養成学校を卒業することです。養成学校を卒業すると、資格試験を受験する必要がありません。すなわち養成学校を卒業することが、資格取得の要件であるために、確実性が高いのです。結果として資格取得者の8割程度が、養成学校を卒業するほうになっています。

2年間で資格を取得する方法

しかし養成学校は複数存在していますから、個々によって方法が異なります。なかでも専門学校であれば2年間で済むために、資格取得までの期間が長くありません。同時に学費も安くなりますので、経済的なメリットも存在します。さらに実習も充実していることから、即戦力として勤務できます。また養成学校のなかには、短期大学を選択することも可能です。短期大学も専門学校と同様に、2年で資格取得が目指せます。また幼稚園の教諭の資格についても、取得できることがあります。

特徴を理解して選択することが大切です

ただし短期大学では、専門学校とは違って、保育以外の勉強も行わなければなりません。そのため在学中は、ハードスケジュールです。さらに4年制大学でも、資格を取得できます。4年制大学では、小学校の教諭の資格も取得できる可能性があります。ただし4年間という長期ですから、学費が高くなります。しかしその期間を利用することで、社会的信用を得ることや、人間としての熟成も可能です。このように養成学校で保育士になるには、それぞれの特徴を理解して選択することが大切です。

保育士の求人を大阪で探している場合、沢山の求人があります。共働きで働く家庭が増え、保育園が数多く点在しているからです。

About The Author