タクシードライバーの求人を見て働きましょう
2016年11月24日 admin

タクシードライバーは歩合制です

タクシードライバーは、歩合制の仕事です。つまり、お客さんを乗せていくら売り上げるかが自分の給料になります。今は、不況でタクシーは余っている地域もありますが、ベテランのドライバーは上手にお客さんを乗せています。例えば、タクシーを探していそうな人は見逃さないようにすることです。また、徐行することで、タクシーに乗ろうか迷っているお客さんは乗ってしまいます。このように一日に何人かのお客さんを乗せるだけでもその日の売り上げが違ってきます。

タクシードライバーは昼間と夜間の交代制が多いです

タクシードライバーは昼間と夜間の交代制の多い仕事です。昼間は、天気の悪い日は売り上げは伸びますが、天気の良い日は公共の交通機関を使う方が多くなり、売り上げが落ちる場合があります。しかし、初めてその土地に来た人や病院に行く人などはタクシーを利用することが多いので、駅や病院などでお客さんを待つことも多いです。一方、夜間は、公共交通機関がなくなったときには、タクシーしかありませんので、その時間の利用は多くなります。夜間の運転は疲れるので、昼間と交互に運転することが良いです。

タクシードライバーは接客業ですのでていねいに

タクシードライバーは、ただ安全運転に気をつけて目的地まで行けば良いだけではありません。基本的には、接客業ですので、お客さんの質問などにはわかる範囲で答えてあげた方が良いでしょう。例えば、観光で来たお客さんを乗せた場合は、その土地の美味しい料理を出してくれるお店を聞かれます。そのときは、お店の名前と大体の場所を教えてあげるだけで、今はスマートフォンで簡単にお客さんが探せます。地元の人の意見としてタクシーの運転手さんの意見が聞きたいので、正直にそしてていねいに答えれば良いでしょう。

ドライバーの求人は、トラックやダンプカーそしてバスといった車両を動かせる人を募集することを意味します。

About The Author